寒い季節の悪姿勢を改善する方法!

Posted on

こんにちは。

手作美体~スザックミチェ~の

オーナーの金です。

 

今年の冬は昔の冬よりは暖かいそうでうが

最近は寒さが身に染み

本当の冬になった気がします。

 

寒くなってくると出てくる縮こまった姿勢!!

みなさまは、どうでしょうか?
姿勢が縮こまっていませんか?

 

このような姿勢の構成には
胸郭が関わっています。

 

胸郭とは12個の胸椎と
12対の肋骨、1個の胸骨からなり、
かご状を形としています。

 

胸郭の主な役割は2つあります。

1つ目は・・・
心臓や肺などの内臓器のまもる

2つ目は・・・
筋肉と連動して私達が普段する呼吸運動です。

無意識で行っている呼吸も
これら胸郭の働きによるもので、

特に肋骨の動きは呼吸には不可欠です。

 

呼吸には大きく2つの方法があります。

「腹式呼吸」

横隔膜や腹横筋の働きと共に行く呼吸。

「胸式呼吸」

肋骨の隙間にある肋間筋の働きと共に行く呼吸。

 

胸式呼吸では息を吸うときは膨らみ、
息をはくともとに戻ります。

 

縮こまった姿勢やデスクワークなどで
長い時間背中を丸めた姿勢をすると
関節が固まってしまい
肋骨の動きが低下します。

 

肋骨の動きが低下すると
あさい呼吸となってしまい
代謝が悪くなり、
内臓へ負担をかけてしまいます。

 

そのような姿勢では
背中を張らせてしまい、
胸の筋肉や肋間筋を縮めてしまう
状況となっています。

 

このときにこそ
“呼吸運動”
を意識的に行うことが重要です。

 

特に姿勢に関与する胸郭部を
ストレッチすることが大事です。

 

仰向けになって
両手を横に開き
(片方は手のひら上に、もう片方は手の甲を上に)、
意識的に呼気の際に胸を膨らませるように
大きく吸い込みます。
そこから細く長くゆっくりと息を吐いていきます。
これを10回繰り返します。

また
あお向けの姿勢のまま
片方の手を頭の上(寝ながら挙手の姿勢)に上げて、
同じように大きく吸い込みます。
そこから細く長く息を吐いていきます。
これを10回繰り返します。

 

挙手した側の肋骨のストレッチとなり
左右別々にストレッチをかけるコトができます。

 

特に決まった側にバックを持つ方や肩こりがある方は
ストレッチされる左右差を
強く感じるかもしれません。

 

是非入念にストレッチを行ってみてください。

姿勢を改善することで、代謝が上がり
冬のダイエットにも役に立ちます。